マスカラでもまつげの長さを出すことも太くして増やすことも出来ますが、人工的なものでありメイクオフすると寂しい目元に戻ってしまいます。
自まつげを伸ばすには「まつげ育毛剤」を使う必要があり、スッピンでもふさふさの理想的な目元を作ることが出来ます。

まつげ育毛剤は育毛成分の配合で発毛を促すのはもちろんのこと、まぶたの生え際を保湿することによって育ちやすい環境を作ります。
保湿すると毛母細胞に栄養が行き届きやすくなるため、長く伸ばしたり量を増やすことが出来ます。
ツヤも出て一本一本が太くなります。また、簡単に抜けるのを防ぐ効果もあります。

まつげ育毛剤に使われている育毛効果が期待できる成分はもともと医療用で作られたもので、緑内障という目の疾患を治療するための成分で作られています。
生まれつきまつげがまばらに生えていたり、病気治療の副作用などでまつげが抜けてしまったという人もいますので、そういった人が日常生活で不便を感じずに生活出来るよう作られたものです。
中には医師の処方が必要なものもあります。

まつげ育毛剤は美容液と違って、本気で生やしたいという場合によく使われます。
最近では美容液でも育毛効果が期待できる成分が配合されているものがあります。
しかし、元々薄くて短い体質で悩んでいる場合は、医療用として作られたまつげ育毛剤の方が適していると言えます。
美容液は化粧品なので、今のまつげをより綺麗にすることに重きを置いています。
自分は今よりももっと綺麗にしたいのか、まばらに生えていたり抜け落ちている部分を補いたいのか、自分のニーズに合わせて選ぶことが大切です。

まつげ育毛剤は元々医療用なので、個人差はありますがまつげを伸ばすことも増やすことも可能です。
マスカラを使いたくても使うまつげが無いという場合はまつげ育毛剤で発毛を促して理想的な目元を作りましょう。
日本人はまつげが短くて存在感が無いという人も多いので、その場合でもまつげ育毛剤は効果を発揮します。

日本人のまつげの平均長さ

日本人のまつげの平均的な長さは、およそ6.8ミリメートルぐらいです。その一方で欧米人のものは、およそ8.1ミリメートルとなっています。
ということは日本人のまつげよりも欧米人のものは平均して1ミリメートル以上長いことになるのです。
たった1ミリメートルであっても目元のイメージは大幅に違ってきます。

欧米人と日本人では、まつげの長さに大きな差があるのです。ですから目元の印象が異なっているのはある意味当然ということができます。
しかし、やはり欧米人の女性の様なボリュームのある状態は日本人にとって憧れの対象です。
日本人なのだから仕方がないと感じる部分もあるのですが、それでもより一層理想に近い状態のまつげに仕上げるためにも自分で行うことが可能なお手入れは行っていきたいところです。

とはいっても日本人の顔立ちで欧米人ぐらい、まつげが長いと不自然な印象になってしまうことがあるのです。
そのため日本人の平均的な長さである6.8ミリメートルよりも長い場合や平均よりも足りない分が0.5ミリ以下であれば、マスカラやビューラーなどのまつげのお手入れでも充分である可能性が高いということになります。

しかし6.2ミリを下回るような長さのまつげであれば体質的にまつげが短くどんなにマスカラやビューラーなどを使っても目元の印象が薄くなってしまう可能性が高いです。

マスカラやビューラーを使ってもまつげのボリュームが十分でないという場合は、まつげ自体の長さや太さが足りないので、まつげ育毛剤を使わないと対処が難しいかも知れません。
そんなときは、まつげ育毛剤でまつ毛を伸ばすようにしたり1本1本を太くボリュームを増やすようにしたりする必要があります。