最近多くの女性に人気がある美容アイテムが、まつげ育毛剤です。
まつげ関連のアイテムはどんどん増えており、まつげ美容液やまつげにも効果があるアイクリーム、そしてこのまつげ育毛剤などいろいろと発売されています。
中でもなぜまつげ育毛剤が人気なのかというと、毎日アイメイクやエクステをつけていることで私たちのまつげには思った以上の負担がかかっているのです。
そこで、元の状態より細くなってしまったまつげや短いままで伸びないまつげを伸ばす効果があるので必需品となっています。

このまつげ育毛剤の使い方としては非常にシンプルで、寝る前にまつげの生え際に塗布するだけでオッケーです。
継続することが大切なので、毎日忘れずに塗るようにしましょう。また、いくつかやってはいけないNGな行為があります。

一つは、まつげをわざと短くすることでより伸ばそうとする行為です。
少しだけまつげをハサミでカットしてまつげ育毛剤で手入れするとより長いまつげになれる、という噂がありますがこれは本当ではありません。
むしろ短いままで伸びないケースの方が多いので、現状のままケアを始めましょう。

また、根本的なところで寝不足だと綺麗に伸ばすことは難しいです。
まつげ育毛剤は寝る前に塗って、そのまま睡眠に入りますが、この睡眠の時間がきちんと確保されていないと効果を充分に発揮することはできないのです。
そのため、基本的な生活習慣は意識しておくようにしましょう。

まつげ育毛剤の効果をしっかり得るためには、とにかく毎日継続することが一番大切です。
一般的には寝る前に塗るものが多いですが、中には塗るタイミングが決まっていたり、1日に2回以上塗る必要があるものもあります。
その辺りは事前に使い方をチェックしてから使うのがおすすめです。医薬品の場合はこのようなルールが設けられていることが多いです。
自分の中で使うのを習慣化して、フサフサになるのを楽しみに待ちましょう。

つけまつ毛は自まつげに悪影響だった

ぱっちりした目にふさふさのまつ毛は、女性であればまず誰もが憧れるものでしょう。
実際、まつげ育毛剤を使って、自まつげを伸ばそうという女性が増えています。
もちろん、いくらまつげを伸ばすためとは言え、やってはいけないNGの手入れというものがあります。
例えば、わざとまつげの先を切って短くすることによって伸ばそうという行為がそれに相当します。

また、まつげ育毛剤を使って自まつげを伸ばすよりも手っ取り早いからと言って、安易につけまつげに頼らないようにしたいものです。
なぜなら、つけまつげは自まつげに大きな負担をかけてしまうからです。

エクステをつける際に使う接着剤は最小限の量に抑えることができるのに対して、つけまつげをつける際には、取れてしまわないようたっぷりの量をつけることになるでしょう。
それだけまつげにも瞼にも重みがかかってしまい、大きな負担になってしまうのです。
実際、つけまつげをつけた状態で瞼を約1センチ持ち上げようとする負担を1年間の仕事量に換算すると、体重が約95キロある力士を1メートル持ち上げる時の仕事量に匹敵するという報告がなされているほどです。

さらに当然のことですが、つけまつげは毎日取り外さなければなりません。
まつげの生え際に接着剤でつけたつけまつげをべりべりとはがす際、まつげまで一緒にはがしてしまったり、目元に大きな負担をかけることになりかねません。
やはり報告によれば、つけまつげをはがす時に瞼が引っ張られてかかる1年間の負担は、約26キロのブルドッグを1メートル持ち上げるのに相当するとされています。
ストレスや寝不足が原因で生じる抜け毛も深刻な事態を引き起こすことがあるため注意が必要です。