ケアプロストの口コミを見ると分かるように、ケアプロストは今でこそ女性に人気の美容アイテムとして大変注目を浴びていますが、実はもともとは別の使い方をされていたものでした。
その、ちょっと変わったケアプロストの生まれた経緯について紹介します。

もともとケアプロストはルミガンという薬で、緑内障の治療薬として用いられるものでした。
しかし、臨床試験中に被験者からまつ毛が長くなった、濃くなったという症状が報告されます。
それがきっかけとなって、逆にこの作用を美容目的の育毛剤にしようということになりケアプロストが生まれました。
つまり、全く意図しなかった形で偶然現れた副作用の症状を使って別の商品を作り上げたということです。
こうした発毛の効果は様々な薬の副作用で現れることが多いため、こういった経緯で生まれる育毛剤は珍しくありません。
ケアプロストもそのひとつです。

ちなみに、ルミガンに含まれていたビマプロストという成分がケアプロストの主成分になります。
このビマプロストは緑内障の治療の中で、視野悪化を防ぐ効果がありました。
その副作用が育毛効果だったわけですから、ケアプロストを使う上でよく心配される薬の副作用といったものはこの場合ほとんど気にしなくてよくなります。
ついでに眼圧が下がってまぶたが柔らかくなるので、人に寄っては二重まぶたのぱっちりした目になることもあり、美容効果に相乗効果が加わる形になります。

目の際に塗るものなので塗り方にも気を配ることになりますが、もしもケアプロストを緑内障の治療薬として使う場合は点眼するくらいなので、そこまで目に入ることを心配することもありません。
とはいえ、慣れないうちは目に染みることもあるので細く小さなブラシで極少量ずつ塗るようにするといいでしょう。

また、ケアプロストを買う場合は個人輸入代行を行っている通販サイトを利用することになります。
これは、ケアプロストが日本では認可されていない薬でドラッグストアなどで買うことができないからです。

ケアプロストは通販だとお得

ケアプロストはご存知の通りルミガンのジェネリックでまつ毛を育毛するための薬です。
ケアプロストは美容外科クリニックなどといった医療機関でお医者さんに使い方を説明してもらいながら処方してもらうことができます。
しかし、ケアプロストはお医者さんから改めて塗り方の説明をしてもらうほど難しいものではありませんし診察料や処方箋料など余計な費用がかかってしまうのです。
しかも自分のまつ毛の状態やお医者さんの判断次第ではケアプロストではない医薬品を処方されたり医薬品を処方されない可能性もあります。

個人輸入を代行してくれる通販サイトを利用すれば買いたい医薬品を注文して代金を支払えば確実に買うことが可能です。
しかも物価の安い国で製造されていることが多いので、病院で処方された金額よりも大幅に安くてお得であるということがほとんどとなっています。

また、美容外科クリニックに行ってケアプロストを処方してもらうとなると、美容外科クリニックに出入りしていることが周囲の人に見られる可能性があります。
そうすると、薬を処方されているだけなのに、整形手術を受けているのではないかという噂を立てられてしまう可能性も否定できません。
その点個人輸入通販サイトを利用すれば誰にもケアプロストを注文していることを知られることがないですし、交通費を出費してまで美容外科クリニックに出向く必要もないのです。

個人輸入というと難しそうと感じてしまいますが個人輸入代行通販サイトは日本語で掲載されているものがほとんどなので大手ショッピング通販サイトを利用するような感覚で利用することができます。

このように便利な個人輸入代行通販サイトですが、注意する必要もあります。なぜならば通販サイトを見ただけでは本物かどうかが判断できないからです。
利用する前に信頼できるサイトかどうか確認してから利用する必要があります。