同じように年齢を重ねているのに、いつまでも若々しい綺麗な肌をキープしているという女性はスキンケアに力を入れています。
綺麗になりたい方は自分の肌質を考慮し、正しい選び方をすることで効果的にスキンケアを進めています。

年齢を重ねた肌には多くの肌トラブルが起きやすくなりますが、それは肌に含まれている保湿成分の減少が影響しているからです。
その結果、肌の乾燥や赤み、かゆみなどが感じやすくなるので注意しましょう。
これをケアするには、保湿成分がたっぷりと配合された化粧水がおすすめです。

肌に含まれている保湿成分にはセラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などの種類があります。
これらは20歳を過ぎると保湿力が低下していくので、早い段階から化粧水で補っていくのがおすすめです。

セラミドは表皮と呼ばれる部分にある成分で、細胞と細胞の間に水を貯える働きをしています。
コラーゲンとヒアルロン酸と比較すると肌の表面近くにあるので、有効成分が浸透しやすいというメリットがあります。
セラミドには天然セラミドや植物性セラミドなどの種類がありますが、その中でもヒト型セラミドの肌馴染みが良く、美容効果が高くなっています。
ヒト型セラミドは成分表にセラミド1やセラミド2など、数字で表示されているので、これを目安に選ぶのがお勧めです。

コラーゲンは真皮と呼ばれる部分で網目のようになっていて、肌を支える土台となっています。
化粧水に含まれているコラーゲンは、肌の表面で水分をキープして、肌を乾燥から守る働きをします。
加水分解コラーゲンのように分子量が小さいものを選ぶことで肌への浸透が良くなり、潤いを保つ働きをアップさせることが期待できます。

ヒアルロン酸は40歳を過ぎると減少量が多くなるという性質があります。
ですので年齢による肌乾燥を実感したら、意識して補うことで症状を抑えることが可能です。
ヒアルロン酸は水分を抱え込む力に優れていて、肌の弾力やハリを保つ働きがあります。

これらの保湿化粧水の働きを高めるためには、良いクレンジングを使うことも大切です。
クレンジングはタイプによって肌負担が大きく変わってくるので、メイクの濃さや肌質にあわせて使いこなすことが大切です。

クレンジングはオイルがいい?良くない?

化粧水の効果を高めるためには、清潔な状態の肌に化粧水を使用することが大きなポイントとなってきます。
肌の汚れには皮脂やアカなどの他に、ファンデーションやアイシャドウも含まれるので、メイクをしたらクレンジングで十分に落とす必要があります。

クレンジングにはクリームタイプやミルクタイプ、リキッドなど多くの種類があります。
その中でも特に人気が高いのがオイルタイプのクレンジングです。
オイルタイプは洗浄力が強い成分が含まれていて、濃いアイメイクや口紅も短時間で洗い落とすことが期待できます。
ですので、しっかりメイクが好きな人から高く支持されているのが特徴です。

けれどオイルタイプは洗浄力が強いため、ナチュラルメイク時に使用すると肌にかかる負担が大きくなるので注意が必要です。
これに加えて、長時間肌に付着させることも肌ダメージに繋がってくるので気を付けましょう。
また、オイルタイプは鼻やおでこで分泌しやすい皮脂を取り除く力にも優れています。
ですので、オイリー肌の人が利用するのも上手な選び方の1つになります。
その反面、肌の乾燥が激しい人が使用すると、肌を保護する皮脂まで取り除く可能性が出てくるので注意しましょう。

オイルタイプのクレンジングを上手に使っていくためには、自分のメイクの濃さで判断するのがおすすめです。
化粧下地やコンシーラー、ファンデーションなどのベースメイクが濃いという人はオイルタイプで短時間でケアすることで、肌に負担をかけずにメイクオフできます。

クレンジングを使用する前に、アイメイクや口紅などが濃い場合は、あらかじめリムーバーでオフしておくのも、肌にかかる負担を減らす良いコツです。
この時、必要以上に肌をゴシゴシを擦らないことも重要なポイントになります。